期間工職に直接雇用の形態で働くことのメリット

派遣と直接雇用のどちらを選ぶのか

短期間で多くの収入を得たい人は期間工になることも考えてみてはいかがでしょうか。限られた期間内であれば派遣社員として活躍するという方法もありますが、期間工はメーカーからの直接雇用となることがほとんどです。派遣と直接雇用のどちらを選ぶかで悩んでいる人は、まずはそれぞれの違いを理解しておきましょう。派遣社員の場合は、派遣会社の社員として働くことになります。派遣は契約期間が定められているので、契約が切れたら、また新たに働く場所を探すことになります。退職の際は、自己都合になりますので、失業保険を受給する場合も3か月間の待機期間があります。これに対して、直接雇用は工場を所有する企業から雇用されることになります。雇用保険の加入期間が12か月以上になれば退職時にすぐに失業保険を受給できるのも派遣社員との大きな違いです。

待遇の良さを重視するなら

待遇の良さを重視するなら、やはり派遣社員よりも直接雇用を選びたいところです。給与面では、派遣社員のほうが高い場合もありますが、直接雇用になると基本給だけではなく様々な手当てもつきますので、トータルでは報酬が高くなります。直接雇用では、メーカーと雇用契約を結ぶことになるので、派遣社員よりも社会的信用も高くなり、ローンを組みやすくなるなどのメリットもあります。メーカーから直接雇用されているので、待遇面でも正社員と大きく変わりません。将来、正社員としてステップアップしたいという人にも直接雇用の期間工は有利といえるでしょう。期間工では、寮費や食費の補助もありますので生活費を抑えることができその分多くのお金を貯めることもできます。